ガジェット・家電

Apple watch(アップルウォッチ)とは?自分にあったのApple watchの選び方について

こんにちは、みよしです!

最近、Apple watch Series 6 を買いました。

前々からほしかったのですが、種類やサイズ等で色々と迷っていて、決めきれませんでした…

選択肢がたくさんあり、かなり迷いましたが、最終的に以下のApple watchに。

  • Apple watch Series 6(GPSモデル)
  • アルミニウム44m(ブルー)
  • スポーツバンド(ネイビー)

ここでは自分が迷った経験からApple watchの選び方について書きたいと思います。

 

Apple watch(アップルウォッチ)について

まず、Apple watchについて知っている人は多いと思いますが、念のために。

簡単に言うと、Appleから発売しているスマートウォッチです。iPhoneとペアリングして使います。

基本的にApple watchはiPhoneを持っていないと使えません。

ちなみにスマートウオッチとは、

ヘルスケアやメッセージなどができる多機能な電子時計です。

その他にもFitbit等、他の会社も出していますが、Apple watchが一番有名ではないでしょうか。

現在、Appleの公式ページでは、以下のシリーズが売られています。
※他、HermèsやNikeモデルもありますが割愛します

  • Apple watch Series 6
  • Apple watch SE
  • Apple watch Series 3

 

Apple watchの選び方

Apple watchですが、上記シリーズの中でもサイズと機能がわかれています。
(詳しくはApple公式サイトを参照)

この中からそれぞれ組み合わせて選ぶ感じです。

シリーズ モデル 機能(ヘルスケア) ケースサイズ ケース素材 ケース色 値段
Apple watch Series 6 ・GPSモデル
・GPS + Cellulaモデル
・血中酸素
・心電図
・心拍数
44mm、40mm アルミ ・スペースグレイ
・シルバー
・ゴールド
・ブルー
・(PRODUCT)RED
47,080円(税込)~
ステンレス ・グラファイト
・シルバー
・ゴールド
80,080円(税込)~
チタン ・スペースブラック
・チタニウム
91,080円(税込)~
Apple watch SE ・GPSモデル
・GPS + Cellulaモデル
心拍数 44mm、40mm アルミ ・スペースグレイ
・シルバー
・ゴールド
32,780円(税込)~
Apple watch Series 3 GPSモデル 心拍数 42mm、38mm アルミ ・スペースグレイ
・シルバー
21,780円(税込)~

決める順番として以下がおすすめです。

  1. モデル
  2. 機能
  3. ケースサイズ
  4. ケース素材
  5. ケース色

また、他にもバンドも種類や色が選べますが、

シリーズ等が決定してから、自分の好みと用途によって決めればいいと思います。

モデル、機能について

まず、モデル、機能を選択することにより、欲しいシリーズが決まっていきます。

自分は以下の方法で選びましたので参考になりましたら。

 

applewatch選び方

 

GPSモデルかGPS + Cellulaモデル

iPhoneを普段持ち歩いていれば、GPSモデルで十分だと思います。

ただし、Apple Watch Series 6、Apple Watch SE、Apple Watch Series 3を利用するには、iOS 14以降を搭載したiPhone 6s以降が必要です。

iPhoneを近くに持っていれば、通話やメッセージやり取りできますし、機能は十分使えます。

「GPSモデル」「GPS + Cellularモデル」の違いは以下です。

  • GPSモデル
    BluetoothまたはWi-Fi経由でiPhoneに接続し、メッセージ送受信、通話、通知が可能。iPhoneがないときでも、GPS内蔵しているため、ワークアウトの利用はできる。
  • GPS + Cellularモデル
    GPSモデルの機能に加えて、携帯電話通信機能を内蔵でメッセージ送受信、通話、通知が可能。

iPhoneを持たない状況があり、Apple Watchだけで、

メッセージ送受信、通話、通知したい場合があるのであれば、GPS + Cellulaモデルを選択してもいいかもしれません。

GPS + Cellulaモデルですと、本体の値段も高くなりますし、追加で通信サービスプランへの加入が必要ですので、

上記、状況がなければGPSモデルでいいと思います。

iPhoneをいつも持って出かける⇒ GPSモデル

iPhoneを持ち歩かない時があり、Apple watchだけで連絡したい⇒ GPS + Cellularモデル

 

機能

機能ですが以下、ウエルネスアプリが必要かどうかで選択の種類が変わります。

  • 血中酸素
    血中酸素ウェルネス アプリで血中に取り込まれた酸素レベルを手首から測定。
    ※測定は医療用ではなく、あくまで一般的なフィットネスとウェルネスを目的。
  • 心電図
    電気心拍センサーを使って心臓の鼓動と心拍リズムを記録し、不整脈の一種である心房細動 (AFib) が起きていないかどうかを調べる。

ウエルネスアプリ必要であれば⇒ Apple watch Series 6

ウエルネスアプリ必要なければ⇒ Apple watch SEかApple watch Series 3

ちなみに心拍数はどのシリーズでも対応しています。

ケース(サイズ、素材、色)について

シリーズが決まりましたら、それごとにケースサイズ、素材、色を選択していきます。

シリーズ ケースサイズ ケース素材 ケース色 値段
Apple watch Series 6 44mm、40mm アルミ ・スペースグレイ
・シルバー
・ゴールド
・ブルー
・(PRODUCT)RED
47,080円(税込)~
ステンレス ・グラファイト
・シルバー
・ゴールド
80,080円(税込)~
チタン ・スペースブラック
・チタニウム
91,080円(税込)~
Apple watch SE 44mm、40mm アルミ ・スペースグレイ
・シルバー
・ゴールド
32,780円(税込)~
Apple watch Series 3 42mm、38mm アルミ ・スペースグレイ
・シルバー
21,780円(税込)~

 

ケースサイズ

44mmまたは40mmの2種類です。
(Apple watch Series 3の場合、42mmまたは38mmのケースサイズ)

これは、手首のサイズによりますが、

自分の手首は約17㎝くらいで、44mmを購入しました。

写真では時計が少し大きく見えますが、実際には44mmでちょうどよかったです。

うで回り applewatchをつけた時

実際にお店に行ってつけてみた方がいいですが、行けない場合は参考程度に。

ケース素材

Apple watch Series 6の場合のケース素材は以下になります。

  • アルミニウム
  • ステンレス
  • チタン

Apple watch SE、Apple watch Series 3の場合はアルミニウムのみとなります。

値段はアルミニウムが一番安く、その次にステンレス、チタンとなります。

正直、こだわりが無ければアルミニウムでいいかと。

ステンレス、チタンはかなり値段が高くなりますし、

Apple watchも新しいモデルが出てきますので、いずれ買い替えると考えると経済的にリーズナブルな方がいいと思います。

ケース色

ケースの色ですが、シリーズと素材によりますが、色を選択できます。

こちらはバンドと組み合わせて、自分の好みの色を選択すればいいと思います。

まとめ

Apple watchには多くの選択肢がありますが、

最初に、モデルや機能からApple watchのシリーズを決め、

それからケースサイズ、素材、色を選ぶとスムーズに決まりますので、参考にしていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!